プロフィール

このページは当ブログの管理人「Yuta」の詳細プロフィールページです。これまでの人生や夢、価値観などをまとめています。

お茶とみかんが美味しいサッカー王国「静岡」に生まれる

静岡茶は美味しいんです

Yuta Ushijima

1989年静岡生まれ。サッカー王国である静岡に生まれながらも、中学時代は柔道部、高校時代は「ホームメイキングボランティア部」に入部。

ちなみにサッカーの細かいルールは知らないけど、やるのも観るのもゲームするのも好きです。(ウイイレとか。めっちゃ弱いけど)

大学受験に失敗したので浪人せず高校卒業後に就職

同級生が大学を進学して行く中、「浪人してまで大学生になるよりも、早く社会に出た方が絶対人より多くの経験値詰めるはず」という青臭い信念の元、高校卒業後コーヒーチェーン店に就職。

高校在学中に経験したラーメン屋のアルバイトで、「接客好きかも?」と思ったのがこの道に進んだきっかけでした。

仕事に慣れてきた3ヶ月目くらいのとき、「地元でこのままずっと変わらない生活を続けて行った時、後悔するかも」と思い、入社して6ヶ月で退社。

ちょうどいいタイミングで父親が神奈川に単身赴任先が変更になったらしく、一時的に同居する形で上京。

中目黒にあるお菓子のスクールにパティシエを目指すために進学したことも理由の一つでしたが、内心では上京することに対してかなりワクワクしていました。

パティシエ目指したりバンドやったり。フラフラしていた20代前半。

6ヶ月間目黒のパティシエスクールに通った後に、新宿のファッションビルにあるレストランに正社員として就職しました。

しかし、朝から晩まで夜通し立ちっぱなしの環境は、自分が想像していた以上にキツいものがありました。

盛り付けなど楽しい部分もありましたが、結局1ヶ月も持たずに退職。

自分はなにをやってもダメな人間なんだと、落ち込んでいました。

その時、ちょうどmixiが流行っていた時期で、コミュニティで知り合った人とオフ会に参加することに。

オフ会の中でカラオケにいき、そこで知り合った人と意気投合し、音楽活動を開始。

高校の頃からギターをやっていたので、アコースティックバンドはギター&コーラスを担当。

23歳くらいの時に、今はなき渋谷AXというライブハウスでライブを行なったことは、かなり貴重な体験でしたね。

==当時の楽曲はこんな感じ。==

バンドでは食えないと悟り、バッグとシューズを売るアパレル店員の道へ

バンド活動をしばらく続けていたものの、売れる気配が全くなく、このままでは将来の見通しが立たないことに危機感を感じたため転職を決意。

自分がこれまでやってきたことは接客しかなかったので、それならばと思い、アパレル業界へジョブチェンジしました。

接客の仕事はそれなりに楽しかったのですが、日々予算との戦いながら、買う気のないお客様に買わせる接客をするのに疲れて、4年ほど勤めて退職。

しかも売れない時には社販をして自腹を切ることで売り上げを立てていたこともありましたので、気がつけば借金まみれ。

カードの返済もままならなくなったため、ついには自己破産

この時点で年齢は27歳。自分の将来を改めて見つめ直した時に、

Yuta
Yuta

お金もないし、仕事も楽しくない。このままでは本当に自分の人生がダメになるかも。

とりあえず休みが安定しないシフト勤務になるのはイヤだ。せめて土日祝日は休めるような仕事に転職したい。

と思うようになりました。

そんな時にエンジニアブロガーのやまもとりゅうけんさんツイートをたまたま目にして、僕の人生は大きく変わります。

人生のどん底から復活するために、フリーランスエンジニアの道へ

学歴がなくてもプログラミングさえできれば、とりあえず生活に困らないくらいの生活収入を得ることができるフリーランスエンジニア。

りゅうけんさんのブログやツイートをみて、自分の中である決意が生まれます。

Yuta
Yuta

もうこれしかない。プログラミングを勉強して、IT業界でスキルを磨きつつフリーランスを目指してやる!

そこからは、今振り返って見るとかなり怒涛のように時間が過ぎていましたね。

正社員のITベンチャー企業に転職したあとは、逃げ切りサロンに入会して、同じ様な目標を持つ仲間と共に切磋琢磨。

逃げ切りサロンにはプログラミングだけでなく、多くの稼ぐための方法が紹介されていますが、僕が短期間で成果を出すために選んだのがプログラミングだったわけです。

さらに確実に成果を出すために、りゅうけんさん繋がりで知り合った小松さんが主催するセレブエンジニアサロンへ入門。

プログラミングの基礎や考え方、学び方を多くインプットし、このブログで知識の整理のためにアウトプットを繰り返しました。

その結果、2018年4月、月収50万円のフリーランスエンジニアとして新しい人生をスタート。

ブログのタイトルが本当に現実となる日が来ようとは、立ち上げた当初は夢にも思いませんでしたけどね(笑)

このブログで伝えていきたいこと

アパレルから転職してフリーランスになるまで、たくさん苦労したこともありました。

20代前半なんかはもう欲望の塊だったので、しょうもないことにばかりお金をつぎ込んでいましたしね。

しかも、高卒なので世間一般から見ればかなりの落ちこぼれです。

でも、だからこそ自分にしか語れないことがあると思うので、その経験を生かしてこのブログで発信していければなと。

それがかつての僕と同じ様な状況の人に役に立てたら、一番嬉しいですね。