Vagrantで構築した仮想環境でAtomを使うとRails開発がめちゃくちゃはかどる話

Atom

どうも、フリーエンジニアのYutaです。

突然ですが、vagrantで開発する時って、あなたはどのテキストエディタを使っていますか?

そりゃ当然、Linux標準搭載のViでしょ。

なるほど、確かにそうですよね。僕もつい最近までばそう思っていました。

ですが、

Yuta
Yuta

やっぱり使い慣れたテキストエディタであるAtomが仮想環境でも使えたらなー。でもそんな方法なんて。。。

と思っていたところ、Vagrantで構築した仮想環境でAtomを使う方法があったんですよ!

ってな訳で、今回のエントリーではVagrantでAtomを使う方法について取り上げて行きます。

対象となる読者

今回はあらかじめvagrantでCentOSをインストールし、railsプロジェクトを立ち上げていることを前提としています。

Vagrant自体についてや、仮想環境でRailsを立ち上げる方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

Ruby on Railsの開発環境をVagrantで構築する - Qiita
( "Ruby on Rails Tutorial")を進めるための開発環境を構築することが目的です。 Vagrantを使う理由は、単純...

それでは、次の章から写真付きで解説していきますね。

Atom用パッケージである「remote-ftp」をインストールする

まずは、Atomの環境設定をクリック。

パッケージに移動します。

検索ボックスからremote-ftpと検索し、インストールしましょう。

vagrantでssh接続するrailsプロジェクトがあるフォルダを開きます。

「開く」を押してAtomで該当のプロジェクトを開きましょう。

リモートファイルに接続するため「.ftpconfig」ファイルの作成

.ftpconfigファイルを作成するため、

「パッケージ」
⬇︎
「remote-ftp」
⬇︎
「Create SFTP config file」をクリック

Atomからリモートファイルに接続するため「.ftpconfig」ファイルを編集する

ターミナルを開いて、vagrant ssh接続するためのディレクトリに移動し、vagrant ssh-configと入力しましょう。

.ftpconfigのファイルを編集するために必要な情報は、それぞれ画像に色付けしてありますので、その通りにコピペしてもらえれば大丈夫です。

黄色枠の部分に関しては、vagrant ssh接続して仮想環境に接続した後、pwdと入力し、出力されたパスをコピペしてください。

全ての設定が完了したら、実際に仮想環境のrailsプロジェクトに接続してみる

パッケージからRemote FTPを選択肢、Toggleを選択します。

remoteタブを選択して、connectボタンを押しましょう。設定に問題がなければ、接続完了後に各ディレクトリが表示されます。

さいごに

今までテキストエディタはローカル環境でしか使えないと思っていましたが、Atomならパッケージをインストールするだけで、仮想環境でも使えるんですね。

Atomで入れている他のパッケージなどもそのまま使えるので開発しやすくなりますよ!

 

viってちょっと苦手なんだよな。。

そんなあなたは、今回ご紹介した方法を使って、Atomでコードを書いてみてください。

それでは快適な開発ライフを!